2015年04月27日

乳酸菌とオリゴ糖

主に1〜5歳くらいのコドモが、インフルエンザ感染し、高熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症は、生命にも関わる深刻な疾患であり、治癒した後に後遺症が残る場合もありえます。


インフルエンザを患ってしまったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂取しなければなりません。お薬も持ちろん大切ですが、栄養補給も大切です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。
食事がしたくなくても、消化吸収しやすく栄養満点なものをできる限り食べて頂戴。


オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分としてクローズアップされています。実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の動きが活発になり、オナカの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を良くしてくれます。乳酸菌とオリゴ糖は両者ともオナカの機能増進や健康の維持には必須な成分ということができます。

もし便秘になっても、薬を飲むことで簡単に、解決できると思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、まず、最初に食事を見直してみて頂戴。特に食物繊維(人間が消化できない難消化性成分をいいます)を豊富に含んだ食品を摂取することがよくって、不溶性と水溶性の両方の食物繊維(人間が消化できない難消化性成分をいいます)をバランスよく摂ることが重要です。乳酸菌とケフィアの力 口コミ

野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。
ツボで聴くことが多いのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに天枢(てんすう)が有名です。他にも、おへその下5cmくらいのところにある腹結というツボにも同じように効果があると思います。手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。色々なタイプの便秘によっても、効果的なツボが異なるので、自分にとって適切なツボを押すと改善に効果的でしょう。
【関連する記事】
posted by konoha at 13:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。